ホーム の中の このサイトの目的

 

当サイトの目的

原発事故以来放射線に対する国民意識が非常に高い今、長年培った我々の水中測定のノウハウを活用し、水中の放射線測定の精度向上と的確な情報を提供する為に本サイトを立ち上げました。

このサイトの目的

目的

日本が、世界で唯一の原爆被爆国となってから66年・・・。

今度は“3.11震災・原発事故”で大規模被ばくという大きな災難に遭遇しています。
除染作業はそれなりに進行しているものの、いまだに故郷の土を踏めない人が10万人以上もいます。

この状況は、今後もまだまだ長期間継続することは明らかです。

この苦難・犠牲の軽減・短縮に水底の放射性物質を測定することで、僅かでも寄与したいとの想いが当サイト開設に踏み切った大きな理由です。


水によって集められた放射性物質は、河川を“道”に、時に200km以上移流したり、思いがけない濃縮や沈殿(水中ホットスポット)することが、研究者の皆様により解明されつつあります。

それら水中の放射性物質の挙動・移流メカニズムがより仔細に解明され、陸上での整備同様に、豊富で正確な実態をリアルタイムで把握・公表できる体制構築に資することは、被災された方々の不安・健康リスク軽減、復興(除染)にかかわる研究、行政施策などの復興に活動に寄与すると考えます。


ただ、陸上のモニタリングポストや除染・局所汚染(ホットスポット)測定などとは異なり、水中の放射性物質にかかわる規定が整っていない現状では、水中放射線量計を復興に寄与させるのは、難しい状況です。

そこで、実際に放射能汚染に直面している被災者の方々、学術・行政をはじめとした既に復興に従事している組織・個々人の皆様に協力させていただくことが、細やかでも復興支援の念を実現すべく最善策との考えの基、このサイトを開設しました。

このページの先頭に戻る

運営団体について

私たちは、河川・ダム・湖沼・海洋・地下など、 いわゆるフィールドの“水質”を測定する機器を半世紀余り製造販売している計測機器メーカです。

“水中用計測機器”の豊富な経験を生かし、現在直面している水中の放射能汚染問題の解決に貢献したいという思いで当サイトを開設するに至りました。

一方で、フィールドの水中用測定器の豊富なノウハウを背景に放射線測定専門企業など各分野の専門家の協力を得て水中・底質の放射線量を現場で直接測定できる水中サーベイメーターの実用化にめどを付けたところです。

このサイトの進展にも大きな役目を果たすものと信じております。

運営団体情報

運営団体 株式会社東邦電探 東邦電探のロゴ
事業内容 電気応用計測器の製造販売及び設置施工等

このページの先頭に戻る

ご協力頂ける方・団体を歓迎いたします。

様々な方々との相互協力により充実していきたいと考えており、 サイトコンテンツは、水中・底質の放射線量を直接(および連続)測定する方法の調査検討・提案、実測結果報告、そして様々な方々との相互協力により充実していきたいと考えております。

共感いただける方々からのお問い合わせ(専用メニューより)をお待ちいたしております。

また、私たちが共感する活動をされている皆様へも積極的に訪問させていただきます。

お問合せはこちら

このページの先頭に戻る